品川美容外科は起訴問題をバネにしている|理想的なボディライン

二重

手術室

美容外科は、形成外科の一つに分類されることもありますが、その中でも、もっぱら容姿を整えることを目的として様々な施術が行われることが特徴です。基本的に健康保険の適用対象とはなっておらず、自由診療となっています。近年、美容外科はテレビや雑誌などで取り上げられることが多くなってきました。また、CMもよく見かけるようになり、プチ整形がブームになったこともあって、昔のようなネガティブなイメージは払しょくされ、施術を受けることに対する垣根は低くなっています。美容外科市場は拡大傾向にあり、従事する医師の数も増えています。開業医が中心ではありますが、最近では総合病院においても形成外科に併設するような形で、美容外科が置かれるケースも増えてきました。

美容外科で行われる施術は、二重まぶたや豊胸術、隆鼻術などの外科手術、脂肪吸引や痩身、しわやしみに対するヒアルロン酸やボトックスなどの注射、レーザー治療、わきがや多汗症治療など様々な種類があります。施術の選択肢が多く、治療方法は日進月歩であることから、美容外科を選ぶ際には、施術数が多く、常に最新の知識や技術を取り入れている医師を選ぶことが大切です。また、基本的に患者の希望に沿って施術を選択していくことになるため、丁寧なカウンセリングを行い、特定の治療を無理に勧めたりしないこと、患者の意向をしっかりと聞き取り、些細な質問に対しても丁寧に答えてくれることも判断の材料となります。特に、施術費用については総額でいくらくらいになるのか、明確に示してくれる医師が信用できます。